いいね!の寝具・ネイイグンシ

布団、枕、マットレスなど高級羽毛掛布団から、子供の布団までオススメの寝具についてのブログです。

重度の腰痛が極上のマットレス「エアウィーブ」を使うだけでだいぶ楽に

20代前半の頃に、椎間板ヘルニアを発症した関係からか、長年にわたって腰痛に悩んでいる34歳の女性です。

身長は162cm、体重は52キロ。

体型的には中肉中背の一般的なスタイルとよく言われます。

季節を問わず慢性的な腰痛に悩まされています。

また、仕事柄、肩を常に固定した状態で動く行動パターンが多いです。

そのせいか、最近は肩こりにも悩まされるようになってしまいました。

マットレスは、エアウィーブを使用しています。

できるだけ健康なカラダを維持しようという目的から、ここ最近は特に寝具にも気を使うようになりました。

5年ほど前ですが、テレビのCMで偶然に診たうエアウィーブというマットレスを使用しています。

実はこれがとても快適な生活をおくる秘訣になってくれています。

エアウィーブは高反発タイプのスポンジ

というのが、エアウィーブは高反発タイプのスポンジが使われています。

それが低反発のスポンジを使ったマットレスよりも、腰痛や肩こりの人にはピッタリな性能なんです。

たとえば、仰向けの状態で寝ていると、低反発のものだと体全体が沈み込むような状態になります。

最初は気持ちいいのですが、長時間同じ体勢になりがちです。

また、柔らかい分だけ寝返りも打ちづらく、朝起きたら体の節々が、とても痛いという状況もしばしば。

それに対して、エアウィーブは、とても硬い高反発タイプのスポンジです。

なので、寝ても体が沈み込むことが一切ありません。

寝返りも打ちやすくなって体が痛くなることがなくなりました。

腰痛持ちには、寝返りが命

腰痛改善は、寝ている最中にどれだけ寝返りを繰り返し行っているか?が大事、と主治医に伺ったこともあります。

この点がエアウィーブを選んだ一番の理由かもしれません。

購入したのは、マットレスパッドタイプのセミダブル

普段からベッドではなく床にお布団を敷いて寝るタイプの生活スタイルです。

それもあって、購入したエアウィーブは、マットレスパッドタイプのセミダブルのものを購入しました。

最初はシングルと迷ったのです。

寝返りを打つ状況によっては、シングルではちょっと横幅にゆとりを感じられませんでした。

なので、ダブルよりも小さめなセミダブルを選びました。

購入したのは、エアウィーブを製造販売している公式サイトが運営しているオンラインショップです。

私が購入した時期の価格は、税込みで64,800円。

正直なところ、私にとってはちょっと大きな買い物でした。

購入当時は迷いましたが、今考えると、購入していて本当に良かったと実感出来るほどです。

エアウィーブの良い点

エアウィーブの良い点ですが、以前のお布団だけを敷いて眠っていたときと比べ、朝起きたときの体の状態が段違いなんです。

肩こりは一切感じないし、寒くなる冬場、特に実感していた腰痛や腰の重さもほとんど感じなくなりました。

おまけに、硬めのマットレスのおかげで寝返りをしっかり打てるようになったこともあり、ちょっと嬉しい誤算だったのが床ずれのような状態の解消でした。

背中部分の皮膚の熱のこもりが少なくなったようで、悩まされていた背中の乾燥肌が一気に解消したんです。

かぶれやかゆみもなくなったので、おかげさまで本当に快適な状態で毎日の就寝が楽しみになりました。

エアウィーブを使っていて感じる悪い点

エアウィーブを使っていて感じる悪い点もあります。

重さ自体は決して重いわけではないんですが、毎日布団を敷いて畳んでという生活スタイルの私から見ると、片付けとセッティングがやや面倒になったところです。

高反発タイプで少し固めの作りなので、折り曲げや広げといった作業に少し力が必要です。

疲れ切っているときは布団を敷きっぱなしにしてしまうくらい。

悪い点といえばこれくらいでしょうか。

「エアウィーブ」持ちも惹かれる「雲のやすらぎプレミアム」

「雲のやすらぎプレミアム」を知って、一番目をひかれたのが、「へたりにくい構造」という部分でした。

実は、以前安いタイプの低反発マットレスを1回使ったことがあるのです。

低反発マットレスの宿命か、使い始めて3ヶ月経った段階で、既に柔らかくなりすぎました。

体を全くサポートする力が失われてしまい、捨ててしまったという苦い経験があるんです。

それを考えると、「へたりにくい」といいうこのマットレスの特性は、まさに垂涎ものでした。

それに、魅力に感じたのが、耐圧の分散を重視して作られた5層構造という点。

私が今使っているエアウィーブでも、体圧分散という考え方で製造されています。

ですが、5層というのはちょっと驚きました。

硬い層と柔らかい層を上手に使い分けて作られている点も、へたりにくい構造をもつマットレス、という持続性の良さにつながっているのかな?と想像できるほど、とても魅力に感じます。

あと、両面を使えるリバーシブル構造という点も魅力に感じたところです。

片面が汚れても裏面を使うことで、洗濯するまでの期間を伸ばせる使い勝手の良さが、仕事を持つ身としてはとても良かったです。

雲のやすらぎで不満や不安として感じた点

ただ、不満や不安として感じた点が一点。

実際に利用されている方から寄せられた口コミに記載されていたのですが、折ることができない構造になっているところが気になりました。

敷きっぱなしで使うのならいいと思います。

布団を毎日畳んで敷いてを繰り返している私にとっては、分厚くて折れないという構造にやや不満を感じます。

価格も、エアウィーブよりも30%以上安いです。

性能や保証制度、更には価格のやすさを含めて、購入してもいいかな?と本気で考えてしまいます。

使っているマットレスが本格的に使えなくなったら、買換えを検討しようかなと思います。

いいね!の寝具で検索

マットレスについて

いいね!の寝具

寝具のレビュー・口コミ

寝具のあれこれ

▲上に戻る